TKOの木下が顔面麻痺だったようです。顔面麻痺って何!?

先日、お笑いコンビのTKOの木下さんが「顔面神経麻痺」になっていたと公表したそうですね。

公表する前日の11月20日に放送された番組で、
左頬を押さえて話したり、明らかに様子がおかしい木下を見て、
視聴者から心配する声が殺到したため、公表せずにはいられなくなったのでしょう。

初めて顔面麻痺が発症したのは、10月末だったそうですね。
トークライブ終了後に、スタッフに勧められて病院に行って、
点滴でステロイドを打つなどの治療していたのですが、仕事は続けていたみたいです。

お笑いという職業なので、なかなか病名を明かせなくて悩んでいて、
「風邪をひいてるから」とマスクをしてごかましていたそうですね。

顔面麻痺が発症したのは、お酒を飲んでいたら急に左からお酒がこぼれてきた時。
痛みなどの自覚症状がなかったので、自分でもワケが分からなかったみたいです。

この顔面麻痺が起こる原因は、ヘルペスウイルス感染症が多いそうですが、
腫瘍、代謝異常、寒冷曝露、アレルギー、ストレスが原因で発症することがあると言われています。

治療方法は、原因によって異なるのですが、
手術することもあれば、低周波電気療法を行ったり、薬物療法やマッサージを行うことがあるようです。

顔面麻痺の経過は良好で、1ヶ月~数カ月で治癒する人が多いみたいですが、
まれに顔面麻痺が残ることもあるようなので、しっかり治療して治すことが大切なんだと思います。

木下さんもちゃんと治していただいて、また元気な様子が見たいですね。

Leave a Reply

Comment Policy

By submitting a comment here, you grant this site a perpetual license to reproduce your words and name/Web site in attribution.

Please use your real name or a pseudonym (i.e., pen name, alias, nom de plume) when commenting. If you use your site name, company name, or something completely random, we'll likely change it to whatever we want.